保有権(ローン)付きの車でも損害賠償請求をできるのか?

自動車を購入する際にキャッシュで購入する人は少ないのではないでしょうか。

多くの人がローンを組んで購入しますが、ローンが残っている状態で交通事故を起こしてしまったり、交通事故の被害者になってしまった場合には車両の扱いがどのようになるのかという部分について詳しいことは分からない人もいるでしょう。

基本は購入者が加害者に対して損害賠償請求可能

ローンが残っている状態の車と言えば所有権留保付と言う状態になるのですが、基本的に損害賠償の請求権というのは車の所有者となっていますので、本来であればローン会社が請求権を持つことになります。

しかし事故を起こしてしまった場合あくまでも購入した本人が請求権を持つことが可能となっているため、自動車を管理する義務に従い、購入者が加害者に対して請求することとなっています。

自動車が全損してしまった場合

交通事故にあってローンが残っている車が全損してしまったと言う場合には購入者本人ではなく保有権の所持者となっているローン会社が請求権を持つことになります。

購入者の場合には車を購入する代わりにこの車そのものを担保としていることがほとんどですので、全損で担保がなくなってしまうと今後のローン会社とのやりとりの中で万が一、ローン支払いができなくなってしまった際にはローン会社が車を返して欲しいと言う部分で債権取立てができなくなってしまいます。

そのため全損した時点で車に対する請求権はローン会社に移行し、ローン会社から加害者に請求されることになります。

修理をする場合

修理をする場合には前述した通り請求権は購入者のままとなっていますので、加害者に対して、購入者がしっかりと請求することができます。

あまりにも破損状況が悪いといったケースでは、新しい車に買い換えるといった方法もありますが、このようなケースの場合、ローン会社との話の中で上乗せローンなどを行うことも多いため、少々ややこしく感じてしまう部分もあるでしょう。

しかし全損してしまったのか、修理をすることで治るのかについてだけでも上記のようにどんな扱いになるのかをはっきり把握しておくだけで、万が一交通事故の被害者になってしまった際には加害者に対しての請求方法がはっきりとわかります

全損してしまった場合の二重取りに注意

自動車が全損してしまった場合には、上でも説明した通り請求権はローン会社に移動することになります。

しかしこのケースで気をつけなければならないのは購入者からは残りのローンの支払いもしっかりと支払われ、その上で加害者に対して前走してしまった車の料金を請求するということがあります。

このケースでは加害者側に全損した金額を請求しているのであれば購入者としては、ローンの支払いをストップさせて良いものですから、万が一このような二重取りの正体が発覚したらすぐにでも不当な利益を得ているとして、弁護士等に相談しましょう。

その上で二重取りを知らずに何度か支払いを続けてしまった場合には、その期間中の費用を返還してくれるように、ローン会社と話し合いを続けていく必要があります。

表向きにはわからないことですが、保険会社に確認すればすぐに分かることですから、少しでもおかしいと思ったり、このあたりについてしっかりと手続きを行いローン会社への支払いを知りたいと思っているのであれば、やはり保険会社に確認するのが1番と言えます。